歯医者の先生

今では歯科医が余っとる。
そないいわれ始めて、ずいぶんって時間がたつように思うわ。

でもうちがガキの頃、ちゅうか、将来の仕事を決める10代の頃には、
まだ歯医者はけっこうええ商売やっていわれてた。

田舎やから、歯医者もほってんど世襲で3代目にあたるボンボンたちが
必死のパッチ受験勉強をしとった。
田舎では歯医者っていえども、そこそこのステイタスやった時代・・・。

でもこれまたけったいなとに、医師っていわれるジャンルのヤカラ、要は歯科大学ではなく、
医学部を出て医者になる人の中には、歯科医を侮る人も多かったわけ。

歯医者は歯医者。医者やないちうわけや。

こういう意識が、当の歯科医の中にもはっきりある人もおって、
コンプレックスの塊みたいな歯医者も多かった。

どないな職業でもしまいは人柄なんやけど、田舎のお医者はんは両極端の気がしまんねん。

ええ先生もむっちゃおるけど、しょうもないやつもおる。
同級生やった3代目のボンはええ暮らししとるけどな・・・。

関連記事

  1. 子どもの歯は親の責任です。
  2. 住宅ローンの証券化の意味
  3. ペット感染症と妊婦
  4. エコーの写真
  5. 母子手帳は思い出に・・・
  6. 女体の変化
  7. 子供の歯
  8. ミュータンス菌から、子供を守れ!
  9. 余裕があるなら、インプラント!
  10. 借り換えるなら、「フラット35・保障型」


TOPPAGE  TOP