恐っ~、妊婦の喫煙!

世間は禁煙が当たり前になっとうに、このあたりじゃあレストランにも
まだまだ喫煙席があるとよ。
今日、そこで妊婦さんが喫煙しとるのを見てしまったばい。

赤ちゃんのためにタバコはやめましょう。
そもそも喫煙自体、身体にわりいというこつは
もう明らかになっちょるじゃあありませんか?

喫煙者のあんたも分かっていながら辞められんでいる、
だとしたつら、それは甘えじゃが。
健康な赤ちゃんを産むためには、少なくとも
妊娠中のタバコはやめるべき。

妊娠中に喫煙しちょる母親から生まれる赤ちゃんは、
低出生体重児や早期産の多く、さらに生まれたあとの
成長や知能の発達に影響があんこつもわかっていまよ。

タバコに含まれるニコチンの影響で、子宮や胎盤の血管は収縮する。
母親の血液には一酸化炭素が増え、酸素が不足する。

こげんいう環境の中で育たなければならん赤ちゃんは
どんげなると思いますか?
酸素や栄養素の供給が十分行われず、成長に悪影響が出るのは明らか。
どげんに栄養を考えた食事をしても、適切な運動をしても喫煙しちょる限り、
それらの努力は水の泡じゃが。

間接喫煙も同様に母体、赤ちゃんともに悪影響がありまよ。

関連記事

  1. 子どもの歯は親の責任です。
  2. 住宅ローンの証券化の意味
  3. ペット感染症と妊婦
  4. エコーの写真
  5. 母子手帳は思い出に・・・
  6. 女体の変化
  7. 子供の歯
  8. ミュータンス菌から、子供を守れ!
  9. 余裕があるなら、インプラント!
  10. 借り換えるなら、「フラット35・保障型」


TOPPAGE  TOP