ミュータンス菌から、子供を守れ!

虫歯の原因になっとるのが、ミュータンス菌。

日本人の9割が感染してんねん。生まれたばっかりの赤ちゃんは持っていまへん。
母親や周囲の人から感染するって考えられまんねん。

母親の口腔内にミュータンス菌が大量におる場合、
せやなかったら、子供が砂糖をようけ摂取しとる場合に感染しやすいようや。

ミュータンス菌は一旦感染してしまうとて、普通の ブラッシングでは
減らす事は出来まへん。
その後、長いことミュータンス菌を大量に抱えていくはめになりまんがな。

でも、1歳7ヶ月から2歳7ヶ月くらいの期間を口腔の問題なく過ぎれば、
サングイス菌(虫歯になりにくくする善玉菌)が定着しやすくなり、
歯になりにくくなるっていわれていますわ。

ミュータンス菌感染を防ぐには、
親や家族が使っとる箸やスプーンで赤ちゃんに食べさせへん 。
大人の口でかみ砕きおったもんを赤ちゃんに食べさせへん。
赤ちゃんの口に唾液がつくようなキスをせーねん、 やらなんやら・・・。

いっちゃん大事は、両親や周囲の人が虫歯を治すこっでっしゃろな。

関連記事

  1. 子どもの歯は親の責任です。
  2. 住宅ローンの証券化の意味
  3. ペット感染症と妊婦
  4. エコーの写真
  5. 母子手帳は思い出に・・・
  6. 女体の変化
  7. 子供の歯
  8. ミュータンス菌から、子供を守れ!
  9. 余裕があるなら、インプラント!
  10. 借り換えるなら、「フラット35・保障型」


TOPPAGE  TOP