母子手帳は思い出に・・・

妊娠中は、初期だけでなく妊娠期間中、継続して体調を測定。
その数値は自治体から発行された母子手帳に記載されまんねん。

当然、胎児が順調に成長すれば、それに伴い体重は増えてまっけど、
急激な体重の増加は、羊水過多や身重中毒症の疑いがおます。

一般的に太目のほうが安産タイプと思われまっけど、
実際には妊娠中やお産のときに問題が起こりがちなのは、
太っとる人なんえ。
まずは、食べすぎによる体重増加に気をつけまひょ。

初診は、身長も測定しまっせ。体重の増加を標準値と比較するっちうときに、
身長の大小が関連してきまんねん。
また体格がちっさい人の場合、出産に耐えられるんか?
どないか?ちゅう問題もおます。

また、骨盤の入口の寸法を、骨盤計ちゅうもんで計測しまっせ。
骨盤が小さすぎると自然分娩が困難になるため、
事前に帝王切開やらなんやらの手当てを考える必要がおます。

妊娠が進むにしたがってお腹囲、子宮底の長さやらなんやらも随時測定し、
記入していきまんねん。

あとになって見返すと、懐かしい記録になるもんどすえ。

関連記事

  1. 子どもの歯は親の責任です。
  2. 住宅ローンの証券化の意味
  3. ペット感染症と妊婦
  4. エコーの写真
  5. 母子手帳は思い出に・・・
  6. 女体の変化
  7. 子供の歯
  8. ミュータンス菌から、子供を守れ!
  9. 余裕があるなら、インプラント!
  10. 借り換えるなら、「フラット35・保障型」


TOPPAGE  TOP