エコーの写真

超音波は、人間が聞くことのできる周波数よりも振動数の大きい、
16,000ヘルツ以上の音波のこと。

この超音波を出す装置を妊婦のお腹にあてると、
超音波は腹壁を通し胎児にまで到達する。

超音波断層法は、子宮の中の胎児に反射して戻ってきよった音波を
ブラウン管に映し出して胎児の様子を診断する方法。
一般的にエコーって呼ばれる、この超音波断層法による検査は、
通称レントゲンっていわれるX線のごたる危険性はなく、
妊婦に苦痛ば与えることもないらしい。

超音波断層法では、子宮外妊娠やらなんやらの異常はないんか?
先天異常はないんか?やらなんやらの診断ができるちうわけや。
双子や三つ子も妊娠初期にわかる。
妊娠7~8週になると、超音波ドップラー法で
胎児の心拍音を聴くこともできるちうわけや。

妊娠した女性にとって、自分の目で、胎児の様子が確認できるこん方法は
えらか人気があるちうわけや。
12週ごろになると、はっきり胎児の形もわかる。

映像のコピー(写真)をもろうて、自宅に持ちかえることも、一般的。
家で待っとる家族も楽しみなもんやで。

関連記事

  1. 子どもの歯は親の責任です。
  2. 住宅ローンの証券化の意味
  3. ペット感染症と妊婦
  4. エコーの写真
  5. 母子手帳は思い出に・・・
  6. 女体の変化
  7. 子供の歯
  8. ミュータンス菌から、子供を守れ!
  9. 余裕があるなら、インプラント!
  10. 借り換えるなら、「フラット35・保障型」


TOPPAGE  TOP