ペット感染症と妊婦

トキソプラズマというのは、犬や猫などに寄生する原虫。

ペットブームといわれ、多くの人たちが室内で
犬や猫をかう環境にある現代は、意外なことに
こんトキソプラズマに感染しちょる人が少なくありません。

ただし感染しちょるといっても抗体ができちょるため、
特に症状が出るこつはありません。
だからよけいにわかりにくい・・・。

ただし・・・、妊娠中にトキソプラズマに感染しちょると、
トキソプラズマは胎盤を通して胎児に感染し、
脳や神経の障害をひき起こすこつがあります。

実際には感染率はえらく低いといわれており
トキソプラズマによる先天異常の症例はめったにありません。
また、妊娠前の感染は問題ありません。

ひと昔前、妊娠中にペットを飼うのは危険!といわれた時期も
ありますけんどん、それほどの心配はありませんね。

ただし、妊娠中の初感染は危険率が高いので、
ペットを飼っている場合は、念のため検査するとよいでしょう。

心配やストレスのために悩むより、きちんとした検査を受けるほうが、
妊婦にとっても、赤ちゃんにとってもいいに決まっとる。

関連記事

  1. 子どもの歯は親の責任です。
  2. 住宅ローンの証券化の意味
  3. ペット感染症と妊婦
  4. エコーの写真
  5. 母子手帳は思い出に・・・
  6. 女体の変化
  7. 子供の歯
  8. ミュータンス菌から、子供を守れ!
  9. 余裕があるなら、インプラント!
  10. 借り換えるなら、「フラット35・保障型」


TOPPAGE  TOP