住宅ローンの証券化の意味

「フラット35」とは2007年4月に住宅金融公庫が民営化されてでけた
「住宅金融支援機構」が民間の金融機関と提携して提供しはる
長期固定金利型住宅ローン。

住宅金融支援機構だけの商品ほななく、
提携しはる個別の民間金融機関との間でそれぞれ商品内容が異なるちゅう、
変わった形態の金融商品どす。

これが「住宅ローンの証券化」ちゅうこと。
住宅ローンには顧客開拓のリスク、住宅ローンを実行して証券化しはるまで、
金利が変動しはるリスク、延滞や破産やらなんやら回収不能のリスク、
長期固定の資金を安定して調達しはるリスクやらなんやら、
ようけのリスクが存在しまっせ。

これらのリスクをひとつの金融機関に負わせるんではなく
分散しはることでリスクを仕組みとして捉えるのが
「住宅ローンの証券化」ちゅうこと。

難しく感じるかもしれまへんが、
こらあくまで金融機関の資金調達の方法であり、
利用しはる人にとっては通常の住宅ローンをかりて、
返済してくことには、なんら変わりはあらへんのどす。

関連記事

  1. 子どもの歯は親の責任です。
  2. 住宅ローンの証券化の意味
  3. ペット感染症と妊婦
  4. エコーの写真
  5. 母子手帳は思い出に・・・
  6. 女体の変化
  7. 子供の歯
  8. ミュータンス菌から、子供を守れ!
  9. 余裕があるなら、インプラント!
  10. 借り換えるなら、「フラット35・保障型」


TOPPAGE  TOP